KOBE : 078-871-5200 / TOKYO : 03-6883-1031

M.G.I.T JAPAN 有限会社 / 本社:神戸市灘区城の下通2-3-27 / 東京支店:東京都文京区本郷2-14-4-1F


- 香りの研究事例 -


(例1) -モール・小売店-


~製品への興味、衝動的購入の増加~

良い香りは"消費者が過ごす時間を増加させる"
という作用があります。

香りのマーケティング適応により、
アパレルショップ、ビューティーショップ、
銀行の支店やデパートで大きな成功を収めることができます。
例として、ナイキ小売店での試験的導入の結果、
無臭のエリアよりも香りのあるエリアで、

購入率が84%増加し、
香りのあるエリアでは香りがないエリアに比べ、
一人当たり約1000円多く消費しました。

Malls and Retail

小売店で香りのマーケティングを適応した場合には、
統計の結果以下のことが証明されています。

● お客さまの滞在時間が15.9%増加
● お客さまの購買意欲が14.8%増加
● 店全体における売上高が6%増加


(例2) -ホテルとコンベンションセンター-


~ゲストを歓迎し、品質の良さを認識して頂く~

ホテルのロビーにふさわしい香りは、お客様の五感に大きく影響します。
香りの効果により他の場所との違いを印象付けることができます。
アンケートを取ったところ、84%の人がこの効果を認め、
新しい試みとして関心を寄せていることがわかっています。
ホテルでの香りのマーケティングを適応した場合、
以下のことが証明されています。

Hotels and Convention Centers

● お客様が認識する品質の向上
● ホテルをよりダイナミックに感じる
● より歓迎されていると感じる


(例3) -バー・クラブ・ラウンジ-


~20%の収益増加~

他のクラブやバーと差別化しながら嫌な臭いを取り除けば、
観光客のナイトライフをいっそう楽しいものにすることができます。
ラウンジに香りのマーケティングを適応した場合は以下のことが証明されています。
香りはオレンジを使用した結果です。

Bars and Hospitality

● 訪問者の率は夕方より増加
● 滞在時間の増加
● 最大20%の収入増加
● ダンスをする人数と時間の増加


(例4) -スパとウェルネスセンター-


~楽しい雰囲気を演出し、すべての五感を研ぎ澄ませる~

香りによりスパの環境がより肯定的に認識されます。
訪問者はより歓迎されていると感じ、親しみやすくリラックスした雰囲気を知覚します。
フレグランスオイルが使用されることにより、
空気の浄化だけでなく、オイルの他の効果を通じてさらなる健康上のメリットを提供していただけます。
香りのマーケティングを適応した場合は、以下のことが証明されています。

SPA and wellness centers

● 滞在時間の増加
● 購買意欲の増加
● 売上高の増加


(例5) -スポーツジムやフィットネス-


~ボディに刺激を与え、 さわやかなフィットネス環境を演出する~

香りにより、フィットネスの環境がより肯定的に認識されます。
訪問者はより歓迎されていると感じ、親しみやすくリラックスした雰囲気を感じます。
エッセンシャルオイルが使用されることにより、
空気の浄化だけでなく、オイルの他の効果を通じてさらなる健康上のメリットを提供することができます。
また、香りによるエネルギッシュな効果は、運動の成果を上げることにもつながっています。
スポーツジムで香りのマーケティングを適応した場合は、以下のことが証明されています。

Sport Gym and Health Fitness

● 滞在時間の増加
● 酸素吸収率の向上
● よりダイナミックな雰囲気の演出


(例6) -病院と待合室-


~患者の不安を減少させ、オイルの抗菌特性を生かす~

米国フロリダ病院シーサイドイメージングセンターの監督グラディによると、
MRI検査患者のキャンセル率を抑えることができました。
これは、閉所恐怖症を和らげる力のあるバニラの香りをMRI室に適応させた結果得られた貴重なレポートです。
エッセンシャルオイルが使用される場所では、
エッセンシャルオイルの抗菌作用を通じて、健康上のさらなるメリットを提供することもできます。
香りのマーケティングを病院や待合室で適応した場合は、以下のことが証明されています。

Hospitals and doctors waiting rooms

● 鎮静剤使用率の66%減少
● キャンセル率50%減少
● 患者間に安心感が広がる


(例7) -オフィスや作業環境-


~集中力と生産性を高める~

職場にふさわしい香りを使用すると、作業環境中の集中力と生産性を向上させることができます。
エッセンシャルオイルが使用される場所では、オイルの抗菌作用を通じて、健康上のさらなるメリットも提供致します。
過去10年間、日本のオフィスビルでは、事務的ミスを削減し生産性を上げるために香りを導入しています。
また、職場での休憩中、ラベンダーの香りが作業能率の劣化を防ぐことが判明しています。
香りのマーケティングをオフィス及び作業環境で適応した場合は、以下のことが証明されています。

Offices and work environment

● データ入力率54%増加
● パズルを解く速さ17%アップ
● 誤記の削減